MENU

アクリル板

優れた特性を持つ素材

アクリル板はガラスを超える高い透明度があります。無色透明が基本ですが色つきのタイプもあるので、建物の用材として以外にも、アートやデザインの素材に使うなど利用法は多岐にわたります。またアクリル板はガラスの16倍の強度を誇る耐久性の高い素材です。もし割れても破片が飛び散らないため非常に安全性が高いです。

素材

応用が利く化学材料の魅力

酸化チタンは、主に白色の塗料や絵具等の顔料に用いられていますが、食品や医薬品等の着色料にも用いられている為、国際規格の認証取得や具体的な数値の公表によって、人体や環境面に対する安全性を明確に示している業者を利用することが、高品質の商品作りに繋がります。

アクリル板

アクリル加工業者の選択

アクリル板の利用を企業が検討している場合、素材だけではなく加工方法や色調なども吟味して発注先を決めることが必要です。アクリル板の種類は非常に多く、多種多様な加工が可能になるためにニーズに合う事業者を見つけることが求められます。

粉末

コストダウンに繋がる製品

膜構造建築物の膜の表面に光触媒酸化チタンのコーティングを施すと、結果的に運用面や管理面でランニングコストを大幅に抑えることに繋げられます。特に、酸化チタンの特性による効果が非常に高く、屋内での快適性を大いに高めてくれます。

ガラス板

材料加工を業者に委託

アクリル板の加工は熟練の技術が必要なので、自社に加工設備を導入するより業者に委託しましょう。材料の調達段階から依頼をするとスムーズです。加工費用はカットの大きさやアクリル板の種類で変わってくるので、事前に知識を身につけることで相場もわかります。インターネットを利用し、評判の良い業者に依頼しましょう。

原料としての性質と用途

ねじ

利便性の高い化学的特性

まず、チタンという金属単体の性質について述べます。チタンはレアメタルの代表格でもあり、軽くて丈夫な素材として、近年注目されている素材の一つです。チタンは地球の地殻中に存在する元素としては9番目に多い元素ではあります。しかし、地殻中で非常に安定な酸化チタンの形で存在するため、チタン単体の生成には製造コストが多くかかります。そのため、希少なレアメタルであるとされています。また、軽くて丈夫という物質的特性以外にも、様々な化学的特性があることから、用途が広く利用価値が大きいこともレアメタルとされている所以でしょう。例えば身近なところでは、酸化チタンには紫外線を吸収する作用があり、さらに人体に安全とされているため、日焼け止めや化粧品にも利用されています。こういった酸化チタンが持つ特性の中でも、特に各種製品の原料足りうる重要な特性は光触媒としてのはたらきです。酸化チタンは光が当たると触媒としてはたらく物質である、光触媒の代表格でもあります。このような光触媒としてのはたらきを示すための酸化チタンの重要な特徴は「強い酸化力」と「超親水性」の2点です。酸化チタンは光を当てると強い酸化力を示すようになるため、付着した細菌や油汚れを酸化分解することが出来ます。このような特徴から酸化チタンは、消臭機能を持った空気清浄機や、酸性雨の原因となる窒素酸化物の除去機能をもった、舗装道路用ブロック等に利用されています。また、同様に酸化チタンに光を当てると超親水性を示すため、水滴や汚れに強いという特徴があります。超親水性とは、水滴との接触角が限りなく0に近づき、水滴を弾きやすい性質のことを意味しています。このような性質を持つため、酸化チタンは車のドアミラーの曇りどめや、前述の強い酸化力と合わせ、汚れにくい建築素材として利用されています。

Copyright© 2018 酸化チタンについて~用途が広く利用価値が大きいのが特徴~ All Rights Reserved.