力仕事が多くなると覚えておこう

荷物の情報を把握しよう

お客さんは、用紙に荷物の情報や送り先を記入します。
どんな荷物を送るのか、しっかり確認してください。
ガラスや投機性のものは割れやすいので、大事に扱わなければいけません。
割れ物注意と用紙に記入すれば、運ぶ時に慎重になれるでしょう。
また、機械製品も衝撃に弱いので、丁寧に運んでください。

生ものを運ぶ場合は、冷蔵機能が備わっているトラックを使用しなければいけません。
運んでいる最中に温度が高くなって、生ものが腐ってしまったら大変です。
そのようなトラブルが起こったら、責任を負わなければいけません。
会社の評判が悪くなるので、トラブルを起こさないように仕事を進めてください。
運ぶまでに荷物の情報を、必ず確認しましょう。

こちらが回収しに行く

コンビニや郵便局にも、運ばなければいけない荷物があります。
こちらから回収しに行かなければいけないので、忘れずに訪れてください。
自分が配達する地域が決まっています。
その地域内にたくさんのコンビニがあれば、回収するのが大変になります。
スムーズに回収できるように、場所を覚えるのが良い方法です。

場所を覚えていれば、いちいち地図を見なくても良いので、余計な時間をカットできます。
働き始めた最初は、地図を見なければ場所がわからないので大変でしょう。
ですが早く慣れるよう、場所を覚える努力をしてください。
休みの日も、街に出るのがおすすめです。
すると自然に道を覚えることができます。
普段の努力が重要だと、忘れないでください。