MENU

応用が利く化学材料の魅力

素材

色作りに役立つ材料の特徴

日常生活上で目にする多くの物は、何らかの色に染められていますが、その色作りに用いられているものの中に、酸化チタンという化学材料があります。酸化チタンは、主に白色の塗料や絵具等の顔料に用いられていますが、その他にも、人体への影響が小さいことから、食品、医薬品、化粧品の着色料に用いられています。このように、酸化チタンは、幅広い分野で用いられている為、使用目的に適した品質を保つ商品を取り扱っている業者を通じて購入する必要があります。特に、食品や医薬品に関しては、食品添加物グレードをクリアしなければなりませんので、酸化チタンであれば何でも良いというわけではありません。酸化チタンを取り扱う業者の中には、多種多様な分野に応じたラインナップを揃えているところがありますが、そのような業者を利用した場合、サポート窓口が一元化されていることから、トラブルが長引くようなことはありません。また、特定の分野に精通した業者の場合、独自の技術で高付加価値化した酸化チタンを取り扱っていることから、他社との比較検討の際には、十分な時間を確保する必要があります。その際、最も注目すべき点は、安全性が保たれているかどうかということです。何故なら、機能性も大事な要素の一つですが、安全性に関しては、人体だけでなく、環境面にも配慮しなければならないからです。具体的には、国際規格を認証取得したことを示したり、安全性を示す数値を公表したりしているところであれば、信用性が高いと言えます。

Copyright© 2018 酸化チタンについて~用途が広く利用価値が大きいのが特徴~ All Rights Reserved.